【取説通りにゃ作りません】

どっかしら改造します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバンナ超特急

goufdom1.jpg
電撃ホビーマガジン2009年5月発売号にて「グフVer2.0」を用いたジオラマを担当させていただきました。
HOW TO BUILD GUNDAM 2 に収録されている川口名人の名作「砂漠の駐屯地」をリスペクトしつつMGで表現してみるという企画です。

goufdom2.jpg
当時の本をじっくり眺めながら特徴的な部分を探し出し、自分のフィルターを通してアウトプットする作業は楽しいものでした。
MSは当時の画像を穴が開くほど眺めながら名人の改造ポイントをできるだけ再現することを心がけています。

goufdom3.jpg
名人のジオラマの中でも個人的に印象に残っていたのはフルスクラッチのサムソントレーラー。
ぜひこれを主役にしたいと思い、トランペッターの戦車輸送トラックを改造してみました。
もともと1/35スケールのキットを今回のスケール1/48に見えるようにするためキャビンを縦横に大幅に詰めてあります。そのほかはミリタリーモデルからいろいろ流用してサムソン顔を再現しました。

膝立ちグフのバックパックはMGマインレイヤーから流用。

goufdom4.jpg
もう一機のグフとドム。ドムはパイプが付くと途端にMSVらしさが醸されますね。

goufdom6.jpg
グフの脚部改造部。ほとんど流用パーツの塊です。

goufdom7.jpg
ドムの脚部を切り抜いてインテークを再現。

goufdom5.jpg
サムソンに積まれて届いたばかりのザクは素組み。モノアイカバーに被せたシートはティシュペーパー。カモフラージュネットはガーゼに着色したものです。

goufdom8.jpg
フィギュアや車両はタミヤ1/48MMシリーズを素組みで。
ティリーは派手な黄色に塗りましたが、砂色がメインのジオラマの中でうまく溶け込みつつ程よいアクセントになったと思っています。
フィギュアは友人の湯河原健一氏に組み立て&塗装をお願いしました。

goufdom9.jpg
ジオラマを上から。こんな感じで配置しています。

MG4体にMSV風ラインを全てマスキング塗装したりして非常にヘビーな作業量になりましたが、見所の多い楽しい作例になったと感じています。
川口名人の素晴らしいジオラマを本がぼろぼろになるまで眺めていた一人の模型少年が長い年月を経て、最新の素材(MG)を使って再構築させていただくことができたのは誠に感無量でした。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。