【取説通りにゃ作りません】

どっかしら改造します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズゴッグ/プラスチックキット

ズゴッグです。HGUCと旧1/100のミキシング。
Z1.jpg

このブログ上の多くのモノがスケール違いのミキシングをしていますが、私が始めて行ったのはこのズゴッグでした。
おそらくこのブログ内でもっとも古いモノでしょう。
Z2.jpg

後ろは極太プラパイプ製。重くてのけぞってしまいます。
Z3.jpg

コレを作った当時は「カッコよすぎ!!俺天才かも」とか思ってましたが、今見るとかなりキツいですね。。。特にパンツ。(これでも切り刻んで小さくしたのですが。。。)
Z5.jpg

でもズゴッグってカッコいいですね。今ではMGが発売されてますからもう一度チャレンジしてみるのも面白いかもと思ってます。
Z4.jpg

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ガンダムMK2/プラスチックキット

古いモノが続きますが、もちっとお付き合いを。
MGMKⅡです。古いほうです。
MK1.jpg

形状の変更点は武装をGP01から流用したのと各部のちょっとしたディテール追加です。あとは色で勝負。
MK2.jpg

MK3.jpg

色は当時モデルグラフィックスに載っていたオレンジ色のZ(だったと思います)があまりにもカッコ良かったため、そのレシピを真似しました。今見てもこの色はカッコいい。
MK4.jpg

デカールも丁寧に貼ってますな。今じゃ考えられません。
MK5.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ゲルググキャノン/プラスチックキット

これまた何年前に作ったのか憶えてないほど古いモノ。
MGゲルググキャノンです。
G1.jpg

ゲルググキャノンとは名ばかりで、実際にキャノンのパーツを使ったのは背中の基部と腕のランチャー&装甲のみ。顔はシャアゲルググ。だってあの顔はかっこ悪いでしょ。
G2.jpg

G3.jpg

キャノンはドムのバズーカだったかな?憶えてませんが、それをプラパイプで長~くしました。(塗装時に墨入れエナメルが銃口から入り込んで粉々に砕けたトラブルがありました。要注意!!)
G4.jpg

最大のウリは手足がMGドムなこと。ゲルググって手足がかっこ悪かったのかと思わせるほどハマってると思います。見つけた瞬間「コレだ!!」と思いました。
G5.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ボール/プラスチックキット

何年前になるのか、昔々私がガンプラのHPをやっていたときの「ボールコンペ」向け作品。
作品名は「ライトニング」。
マスドライバーで撃ちだされたこいつらがジオンの戦艦に一撃離脱攻撃をくわえるという、WWⅡ末期のとんでも兵器的な俺設定でありました。
1.jpg

ボール本体に見たままわかりやすすぎるパーツをくっつけてますね。こいつのためにいったいいくつの模型がジャンクになったことか。。。
b3.jpg

ノズルの基部にズゴッグの腕を使ったりして我ながらアグレッシブであります。本体塗装後にモーターツールで傷をつけて立体感のあるダメージ表現を目指しました。
b2.jpg

ベースは時計の入れ物をそのまま流用。身の回りのものを使うのが大好きです。狂四郎のプラモスピリットをちゃんと実践してます。
b4.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

カラミティガンダム/プラスチックキット

とは言いつつも、カラミティを使ってるのは頭と胴体くらい。腕と脚は1/100Ez8。
その他はわりと見たまんまのパーツをべたべたくっつけました。
20061211012017.jpg

核バズーカが2本て。意味わかんないけど俺設定では核じゃないのでOK。イエサブの部品バラ売りがあって大助かり。
バズーカの根元はMGサザビーの足首あたりのフレーム。ぐりぐり動きます。もったいない使い方。
3.jpg

横からみるとナニがナニやら。(こんなんばっかり)
4.jpg

関節はすべて生きているので結構動きます。撮影中グラグラと。。。
5.jpg

数年前の作品です。すべてハンドピースによるベタ塗りも懐かしい思い出です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ドム/プラスチックキット

マスターグレードとグロリアスグレード(意味不明の名前。。。)のミキシング。
イメージは見ての通り小林版Gロボ。
20061210233759.jpg

大きさの違うキットを組み合わせるとおかしなバランスになるのが面白い。極端な末端肥大。
20061210233841.jpg

横から見るとナニがナニやらわかりませんな。
20061210233854.jpg

背中のエンジンからパイプを伝って蒸気の圧力が伝達される俺的設定。
20061210233929.jpg

20061210233918.jpg

半つやラッカー筆塗り後、つや消しエナメルで塗料のハガレを表現してみました。下地が見えて酸化してる感じが手軽に出せます。
20061210233959.jpg

力技の改造の後は気の済むまでリベットやネジを貼り付け。一箇所の模型店では足りなくて2店のリベットを買い占めました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ネオシャイアン/ガレージキット

小林誠氏の「アートオブドラゴンズヘブン」よりネオシャイアンです。
ワンダーフェスティバルで購入したガレージキット。
原型師はサエキコウイチさん。
20061210210936.jpg

金銀のメタルカラーを多めに使い、置物として存在感のある仕上がりを目指しました。
フンドシや肩掛けはティッシュに塗料を染み込ませたもの。
線香で焼いてボロボロ感を出しました。まだまだだな。。。。
20061210213750.jpg

左右非対称でどの角度からみても印象が変わって面白いデザインです。
20061210213832.jpg

後ろからも。
20061210213846.jpg

ラッカーでグリーンを塗ったあとにハンブロールでウォッシング。最後はウェザリングパステルの茶系をこすり付けて変化をつけました。
20061210213857.jpg

オマケのイクちゃんは1/35スケールDUSTの女性フィギュアを改造。
イメージはドラゴンズヘブンOVAの冒頭のコスチューム。
首が長すぎたかしら。。。。
ベースは熱帯魚屋で水槽に入れる亀用の陸地を塗装したもの。
熱帯魚屋は使える素材の宝庫です。
20061210213923.jpg

このメカのガレキが手に入るだけでもうれしいのに、特徴をよく捕らえてあり、作りやすいパーツ構成で非常に満足しました。
別装備でもう1体作りたいですな。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。