【取説通りにゃ作りません】

どっかしら改造します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VF-1A

VF10.jpg
愛おぼえていますか版VF-1。
恥ずかしながらFにハマってしまったんでVF-25が発売される前に積んであるキットを消費しようと。

VF11.jpg
個人的に最高にカッコいい形態“ガウォークファイター”にするべく、脚はバトロイドから流用しました。ちょっと脚がデカいですが悪くないバランスかと。
やっぱり原点にして頂点でしょうか。未来の飛行機なのに古めのジェット機のようなスジ彫りとリベット表現が秀逸な味付け。ハセガワのセンスは確かでした。

VF12.jpg
黒ラインなどは全てマスキング塗装。真っ黒だとキツいので、ブラックグレーに置き換えると彩度が落ちていい感じになります。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

どうも~、
放映当時に初めてこのガウォーク形態見て
“すげぇ~、何コレ?”って子供ながらに憧れました。
つま先の角度がこれまたカッコイイですね。

バルキリーはロボット革命のひとつですよね。
つま先の角度は、今回凄く悩んだ部分です。
最初もっと脚を前に投げ出してつま先開いて全開逆噴射のシーンにしたかったんですが、そうなるといろんな所のエアブレーキも開いたり、姿勢制御のためにフラップやらなにやらを動かさないと不自然だろうと思いまして。
こりゃ手軽に仕上げる目標がブレてしまうぞと言う事でホバリング姿勢に落ち着けました。
でも、いつかは全開逆噴射も作ってみたいですよ。

なるほど、いろんな思考あってのこの角度なんですね。
当たり前なのかもしれませんが、
基本に手軽さというコンセプトありきなのに
いろいろと考えてのこの角度という訳なのですね、
“なるほど”としか言いようがないです。
全開噴射はとりをさんがやると造形力や塗装の点でも
迫力ありそうですね。

そのうちモチベーションが上がったらぜひ(笑

作りこみ度を最初に設定するのって凄く大事だと思います。
それで完成しなかったプラモがいくつあることか。。。

マクロスの2作品は作例の合間に何個作れるかのタイムアタック的な目標を立てて進めたんです。

急制動ポーズはいずれやりたいですね。
今はバンダイのVF25が楽しみで仕方がありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriwo.blog85.fc2.com/tb.php/20-3d43188f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。